抜かない・削らない治療

できる限り、抜かない、削らない「低侵襲治療」を実施!

低侵襲治療

のぶ:デンタルクリニック三宿では、天然の歯を長期維持できるように保存治療を行っています。歯を傷めない低侵襲治療(ミニマルインターベンション)を行っています。歯というのは一度削ってしまうとも元には戻りません。当院では将来的にも健康な口腔状態を維持できるよう、低侵襲治療に徹底的にこだわっております。

7つの削らない治療

4つの削らない治療

虫歯菌が原因で溶けた部分を削らない治療、これが理想的ですが、現在の医学では完全実現には至っていません。しかしできるだけ削らないで治療することはできます。そのために現在当院が実施している7つ方法をご紹介いたします。

  • ①レーザーでの虫歯組織の除去

    レーザーでの虫歯組織除去虫歯治療の際は、タービンによって虫歯の組織を削り取りますが、この時にエルビウムヤグレーザーを用いれば、健康な歯質にダメージを与えることなく、水分の多い虫歯組織のみを除去できます。元の歯組織に傷を付けることなく、虫歯組織のみを除去できます。

  • ②拡大鏡精密治療

    拡大鏡精密治療拡大鏡を用いることで肉眼を通常の数倍に拡大でき、削り過ぎを防止でき、さらに虫歯の早期発見、早期治療が可能になります。よって、虫歯組織が小さい時に処置できるようになります。当院では保険治療、自費治療に関係なく使用しております。

  • ③マイクロスコープを使った低侵襲治療

    マイクロスコープでの低侵襲治療根管(歯の神経が通っている穴)などの拡大鏡でも見えないものは、肉眼の40倍にまで視野を拡大できるマイクロスコープを用いる場合があります。拡大率に比例して削り過ぎを防止できます。

  • ④ドックスベストセメント

    ドックスベストセメントドッグスベストセメントというのは、ミネラルの力を借りて虫歯組織を殺菌する方法です。この方法により、歯を削ることなく治療できます。この方法はアメリカでは広く用いられています。

  • ⑤ヒールオゾン治療

    ③ヒールオゾン治療これはオゾンが持つ高い殺菌力(細菌に対しては塩素の7倍)を利用して、虫歯、及び根管の中を無菌化します。副作用はありません。歯を削ることなく殺菌ができ、再石灰化が進みます。

  • ⑥根本治療のすすめ

    ④根本治療のすすめ当院では将来に備えた根本治療を皆様に推奨しています。根本治療によって口腔を適切な状態に長期間保つことで、将来削る回数を減らすことができます(治療の回数も軽減されます)。

  • ⑦う蝕検知液の活用

    う蝕検知液の活用う蝕検知液は、歯に塗ると虫歯部分のみが赤く染まる液体です。肉眼で虫歯組織と健康な歯質の境目の判断がつかない場合は、う蝕検知液を塗って確認することで削りすぎを防ぎます。

抜かない4つの治療法(できる限り抜歯をしません)

4つの抜かない治療

のぶ:デンタルクリニック三宿では、できる限り歯を抜かないようにしています。そのための4つの方法が次のものです。

  • ①薬によって歯周病治療する歯周内科

    歯周内科抜歯の原因の最大要因が「歯周病」です。この歯周病の予防、また完治治療により抜歯を防げます。当院では重度の歯周病患者様に、お薬と専用の歯磨き粉を使用して歯周病菌を除去する歯周内科など、最新の治療法を提案しています。

  • ②マイクロスコープ精密根管治療

    マイクロスコープ精密根管治療重度の虫歯は、虫歯が神経にまで達していますので根管治療が必要です。この神経の治療は、保険診療の方法では80%以上の確率で再発します。しかしマイクロスコープの利用によって、再発リスクも減り、今後の抜歯リスクも激減します。

  • ③根管治療時の徹底した感染防止対策

    根管治療時の徹底した感染防止対策ラバーダム、マイクロスコープ、高周波治療器といった最新機器を使用して、後の砦である「根管治療」の滅菌の精度を高くすることで、普通は抜歯を行う歯も抜かないで済むこともあります。

  • ④根本治療のすすめ

    根本治療のすすめ当院では将来に備えた根本治療を皆様に推奨しています。口腔全体を適切な状態に長期間保つことで、将来歯を抜かないで済むようになります。事前のケアが大切です。

世田谷区三宿で歯を「抜かない、削らない」治療をご希望の方へ

根本治療のすすめ

このようにのぶ:デンタルクリニック三宿では、抜かない、削らない治療として知られている「低侵襲治療」を行っています。歯を「可能な限り抜かない、削らない」治療ができる歯医者さんを世田谷区三宿にてお探しの方は、ぜひ一度当院までご連絡ください。天然歯を残すことが困難な場合もございますが、きっと満足してもらえるものと信じています。