痛くない親知らず抜歯

親知らずは抜いた方がいい!?できるだけ残しておくべき!

親知らず抜歯

「親知らずは早めに抜いた方が良いのでしょうか?」という相談を受けることがあります。抜くべき親知らずをそのままにしておくと、痛みが出たり、腫れたりすることもあります。全ての親知らずを抜く必要はありません。どちらかというと今後は親知らずはそのままにしておいた方がいいことも増えていくでしょう。

抜歯の必要のある親知らずはこんな親知らず

親知らずの抜歯

①少し親知らずが見える状態であり、それ以上成長する見込みがない時

親知らずが斜めや横になっていたり、正常に生え切らない場合です。この時は、虫歯や歯周病になることもあります。

②親知らずが手前の歯を強く押しており、歯並びに悪影響をもたらす時

親知らずが手前の歯を強く押していると、そのままでは歯並び状態に悪い影響が出ます。

③親知らずの近辺に嚢胞がある場合

レントゲン写真で、親知らずの近辺に袋状の影が見つかることがあります。これが嚢胞なのですが、そのままにしておくと様々なトラブルに見舞われることもあります。

④親知らずの咬合不整で、頬粘膜、また歯茎を傷つけている場合

親知らずは噛みあわないとそのまま成長していきます。その結果、頬粘膜、また他の歯茎を噛み、腫れや痛みが出ることもあります。その他にも、顎関節症などを発症することもあります。

⑤親知らず自体が、虫歯、歯周病にかかっている場合

親知らずはそのままにしておくと、虫歯や歯周病にもなります。そのためたとえ正常に生えていても、虫歯や歯周病にかかった時は抜歯をおすすめします。

親知らずは再利用可能です→親知らずを移植する(自家歯牙移植)

親知らずの移植

親知らずを抜歯せずにそのままにしておくと、将来次のように役立つこともあります。

  • 別の歯を抜歯する時、その場所に移植可能です
  • 手前の歯を抜く時、矯正治療でその部分に親知らずを移植できます
  • 手前の歯を抜く時、親知らずを支えにブリッジ挿入が可能です

当院では、難易度の高い親知らずの抜歯にも対応しております

case0202こちら、左下に親知らず(智歯)が埋まっています。この親知らずは、手前の歯を虫歯にしたり、歯周病や口臭の原因にもなる可能性が高い生え方をしているので、抜歯が必要と判断しました。

ところが、このように大部分が骨の中に埋まっていたり、親知らずの根の先に神経の管が近接している場合、一般的に大学病院での抜歯を勧められる事が多いです。

しかし、当院ではこのような難易度の高い親知らずの抜歯も院内で行なっております。

CTを使用した安全な親知らずの抜歯と診断

CTによる智歯診断

当院では歯科用CTを撮影し、立体的に歯の位置を確認します。 また、神経管と歯の位置関係を3次元的に確認する事で、安全・確実に親知らずの抜歯を行います。神経管を描出する事も出来ます。 施術は、難しいインプラント外科手術も行える、外科治療の上手な歯科医師が担当します。

  • CT診断親知らずを後ろから見たり、上から見たり、途中でカットしたりして、骨と歯の関係を調べます。

  • CT診断神経管と歯は近接していましたが、問題ないと判断し、抜歯を行いました。予後も問題ありません。

※当院で使用しているCTは最新型で極端に被爆量が少なく、安全性の高いCTです。CTについて詳しくはこちら

親知らずを抜く際の痛や、予後の痛みについて

親知らずと痛み

「親知らずの抜歯はとても痛い」、といった印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?しかし抜歯の時は麻酔をしますので、そんなに痛みを感じることはありません。当院では麻酔自体の痛みを排除する治療も実施しています。痛みが出るのは麻酔の効果が切れた後になります。傷口があるので当然痛みは出てきます。しかし痛みを伴わない治療で、術後の痛みをできるだけ排除きます。

抜歯の時間と抜歯後の痛みは比例する

親知らず抜歯の痛み抜歯の時間と抜歯後の痛みは比例する、などと言われています。

親知らずの中で、特に骨の中深く埋まっている歯は、抜歯した後の痛みが増します。

当院では専門ドクターが、鮮明な画像診断を行って治療しますので安心です。

ドライソケットによる痛み

親知らず抜歯とドライソケットの痛み抜歯後は、骨がむき出しになってしまいますが、その抜いた穴の中に血が溜まり、それが固まり、フタのような役割を果たしてくれるため痛みが出ることはありません。

しかしその血が様々な事由によって剥がれると、強い痛みを伴うことがあります。これがいわゆるドライソケットと呼ばれる症状です。

ドライソケット防止には抜歯後の縫合やテルプラグを詰めるなどの対処法があります。

親知らずを抜くと小顔になれる?

親知らずと小顔

親知らずを抜くと小顔になれる、などの話を聞くことがありますが、案外間違いでもなさそうです。その理由は以下の通りです。

①親知らず周辺の骨が痩せる

下側に親知らずがある時はエラ近辺に存在していますので、抜歯により骨が吸収され、エラ部分が細くなる場合があります。

②顎の筋肉が痩せるため

噛み合っている親知らずを抜くと、その部分の噛み合わせがなくなります。筋肉を使用しなくなるので痩せます。また噛み合わなくても、親知らずが手前にある歯を強く押していると、歯に違和感を覚えることがあります。その結果歯並びが悪くなったり、無意識に噛んで歯ぎしりを発症することもあります。しかしこの親知らずを抜けば、それらの症状も解消され筋肉が痩せる場合もあります。

世田谷区三宿で親知らずの診察、治療をご検討の方へ

世田谷区三宿で親知らずの抜歯はのぶデンタルクリニック三宿

世田谷区三宿で親知らずの抜歯、または診察をご希望の方は、のぶ:デンタルクリニック三宿にお気軽にご相談ください。歯を抜く時は、できるだけ痛みをなくし、移植治療など、将来に備えた最善の治療法を提供します。