マイクロスコープによる虫歯治療

投稿日:2017年3月1日

カテゴリ:虫歯 虫歯治療

当院では、必要に応じて 歯科用顕微鏡マイクロスコープ)を使用して治療を行なっています。  使用目的は様々で、小さな虫歯の治療から、歯の根の治療、外科処置まで色々な場面で使用する事が可能です。 

視野が拡大する事で肉眼で見えにくい部分が見えるようになりますので、必要以上の歯の切削や歯肉の切開などをしないで済みますし、見つけにくい歯の根の穴を見つけたり覗きこまなければ見えない部分もマイクロスコープならミラーを利用して見る事が出来ますので、治療の質が格段に上がります。

今回は、マイクロスコープで虫歯治療を行なったケースです。

すでに他医院にて前歯にプラスチック治療が施されている状態でしたが内部が黒くて怪しい。

1_89173

プラスチックを全て除去して、う蝕検知液で内部の虫歯を赤く染めてみると、深部まで真っ赤に染まりました。

1_89177

顕微鏡下にて、慎重に虫歯を除去すると、なんとかギリギリ神経には達せずに済みました。

1_89180

再度、プラスチックを充填し 一回で治療は終了となりました。

1_89181

 

■ 他の記事を読む■