抜歯即時インプラント埋入手術

投稿日:2017年4月14日

カテゴリ:インプラント 審美歯科

昨日は、右上2番に 抜歯即時インプラント埋入手術を行いました。

IMG_1046

 

そして 本日は、左上1番に 抜歯即時インプラント埋入手術を行いました。

通常の方法であれば、抜歯してから約3ヶ月は骨の治癒を待ち、治癒を確認したところでインプラント手術を行います。その時点で、インプラントを行う部位に 十分な骨がなければ 骨の造骨手術を先に行い 更に 3〜6ヶ月待ってからインプラント手術を行います。

インプラント手術を行ってから、約3〜6ヶ月後にようやく型取り。その1ヶ月後くらいに、本番の歯が入ります。つまり抜歯してから歯が入るまでに、約6ヶ月から1年以上かかることになります。 その間、歯がない状態で過ごしたり、不安定な仮歯であったり、入れ歯を使用したりするのが一般的です。

抜歯即時インプラント手術とは、残すことが不可能で抜歯するしかない歯があり、その後の処置としてインプラント治療を行うことが既に決定している場合、抜歯した直後に、その抜歯した穴にインプラントを即日埋入する手術です。

抜歯とインプラント手術を同時に行うことで、外科処置が一回で済みますので、身体的な負担が少ないです。 また、歯を抜くと支えている骨も溶けてしましますが、すぐにインプラントを入れることで骨の吸収をある程度抑えます。 歯肉に切開を入れないため、審美的に綺麗に歯肉が残ります。 インプラントを入れたその日にインプラントに固定式の仮歯が入るので治癒期間を快適に過ごせます。 結果、トータルの治療期間は短くなります。 

前歯のように審美的な要件が要求される部位には最適ですが、ある程度条件が整っていないと行えない場合もあリます。 技術的な問題も もちろんありますし、事前の審査・診断も 非常に重要です。

 

■ 他の記事を読む■