子供のマウスピース矯正

お子さまの将来を考えた小児矯正治療をご提案します

お子さまの将来を考えた小児矯正治療

将来、お子さまの歯並びや咬み合わせがどのようになるのか・・・不安に思っている親御さんは多いのではないでしょうか?もちろん大人になってからでも、歯並びや咬み合わせを改善することはできますが、小児の時期に矯正治療を行うことによって、より理想的な治療が期待できます。

小児矯正の【1期治療】【2期治療】について

小児矯正は【1期治療】と【2期治療】という2つの段階に分かれています。

【1期治療(乳歯列期・混合歯列期)】
顎骨が狭かったり、上下の顎骨のバランスが悪かったりすると、永久歯が顎骨に収まり切らず、将来的に歯並びや咬み合わせが乱れてしまう可能性が高くなります。そのようにならないために、成長を利用して上下の顎骨の形状やバランスを整え、永久歯が綺麗に生え揃うためのスペースを確保することが目的です。

【2期治療(永久歯列期)】
永久歯が生え揃ってから行う矯正治療です(成人矯正と同じ)。歯を一つひとつ適切な位置へと動かして、綺麗な歯並び・正しい咬み合わせへと改善します。

小児矯正【1期治療】【2期治療】をセットで行うことによって、様々なメリットを得ることができます。

小児矯正治療のメリット

幼少期から始める小児矯正治療は、下記のような様々なメリットがあります。

①顎骨の成長をコントロールしながら治療ができる

発育段階の子供は、成長を利用しながら顎骨のバランスを整えることができるため、より理想的な治療結果を得ることができます。

②歯を抜かずに歯並びの改善が期待できる

1期治療で顎骨を拡げ、永久歯が生え揃う十分なスペースを得ることができるため、歯を抜かずに歯並びや咬み合わせを改善できる可能性が高くなります。

③成人矯正の必要性が軽減できる

小児矯正の実施によって、顎の拡大や歯列が整えられるため、大人になってからの矯正治療の必要性が軽減できます。仮に成人矯正が必要となった場合でも、短期間で治療が終わる可能性が高くなります。

④コンプレックスの解消

幼少期は、歯並びの見た目などが気になり、コンプレックスに感じる方も多くいらっしゃいます。できるだけ早い段階で歯並びを整えてあげることにより、コンプレックスが解消され、笑顔に自信を持つことができます。

⑤虫歯・歯周病のリスクを軽減できる

歯並びを綺麗に整えることにより、隅々まできちんと歯磨きができるようなるため、虫歯や歯周病のリスクを軽減することができます。

⑥胃腸への負担を軽減できる

歯並び・咬み合わせを整えることによって、しっかりと噛めるようになるため、胃腸などの消化器官への負担を軽減することができます。

目立たない・取り外せる子供用のマウスピース矯正治療

子供のマウスピース矯正"

のぶ:デンタルクリニック三宿では、子供の矯正治療に特化したマウスピース型矯正装置「インビザラインファースト」「インビザラインティーン」による快適な小児矯正治療を実施しております。取り外せる・目立たないマウスピース型矯正装置を用いた歯並びの改善をご希望の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

インビザラインファースト

インビザラインファーストインビザラインファーストは、乳歯と永久歯が混在する時期のお子さまを対象としたマウスピース型矯正装置です。

インビザラインファーストは、永久歯が綺麗に生え揃うための顎の拡大をはじめ、同時に歯並びを整えることができる画期的な小児矯正法です。

通常は分けて行う「顎の拡大」と「歯並びの改善」が同時に行えることで、治療期間の短縮なども期待できます。
※【第1期治療】未就学児~小学生(5歳~12歳前後)の子供が対象となります。

インビザラインティーン

インビザラインティーンインビザラインティーンは、永久歯が完全に生え揃っていない10代(11歳~16歳前後)を対象としたマウスピース型矯正装置です。

成長過程にある10代では、歯の生え変わりや顎の発達など、口腔内環境が大きく変化します。インビザラインティーンはそれらの変化にも対応しながら、歯並び・咬み合わせを改善することができる唯一のマウスピース矯正です。

さらにインビザラインティーンは、装置の装着時間が確認できるインジケータの設置をはじめ、これから生える永久歯の過剰萌出を防ぐ「萌出タブ」や生えている途中の永久歯の「萌出スペース」を設定することができるなど、計画通りに治療を進めるための様々な工夫がされています。

※【第2期治療】小学校高学年~中学生位(11歳~16歳前後)の子供が対象となります。

インビザラインファースト(ティーン)の特徴

  • 透明な素材で目立たない

    透明で目立たないマウスピースは透明な素材を使用しているため、装着時も目立ちません。友人などにもほとんど気づかれずに矯正治療が行えます。

  • 虫歯リスクを軽減できる

    虫歯リスクを軽減できるマウスピース型矯正装置は、食事や歯磨きの際に取り外すことができます。隅々まできちんとブラッシングができますので、虫歯リスクの軽減が期待できます。

  • 金属アレルギーの心配がない

    ケガのリスクが低いマウスピース型矯正装置は、ポリウレタン製で金属を一切使用しておりませんので、金属アレルギーの心配がありません。

  • 少ない通院でOK

    通院回数が少ないマウスピースは約2週間毎に患者さまご自身で交換していただきます。そのため、1.5~3ヵ月に一度という少ない通院で治療が行えます。

インビザラインファースト(ティーン)による矯正治療の留意点(※一例)

  • マウスピースは1日20時間以上の装着が必要です。長時間外していると、計画通りに治療が進まない可能性があり、治療期間が延びたり、治療結果に悪影響が及ぶことがあります。
  • 骨格や歯の状態によっては、インビザラインファースト(ティーン)による矯正治療が行えない場合もあります。
  • 矯正治療中に虫歯になった場合は、歯を削ることになるため、場合によってはマウスピースの再製作が必要となります。
  • 治療開始時や新しいマウスピースに交換した直後は、装置の違和感を強く感じる場合があります。など。

口腔内スキャナー「iTero エレメント5Dプラス」について

3D光学スキャナー (iTero エレメント5D)のぶ:デンタルクリニック三宿では、口腔内スキャナー「iTero エレメント5Dプラス」を導入しております。

口腔内スキャナー「iTero エレメント5Dプラス」は、お口の中をスキャンするだけで、マウスピースの製作時に必要な型取りが短時間かつ精密に行えます。

粘度のような材料を使用することもないため、嘔吐反射が強い方も不快な思いをせずに快適な矯正治療が可能となります。

さらに、口腔内スキャナー「iTero エレメント5Dプラス」には、遠赤外線(NIRI)による隣接面の虫歯のチェック機能が搭載されています。虫歯の見落としを防ぎ、矯正治療前に口腔内環境を整えることができます。

インビザライン・ファースト (ティーン)の流れについて

  •  ①カウンセリング

    カウンセリング最初はカウンセリングを行い、簡単な歯並びのチェックをはじめ、インビザライン・ファースト (ティーン)での治療についてご説明いたします。

  •  ②精密検査の実施

    精密検査適切な矯正治療を実施するため、精密検査を実施いたします。レントゲン撮影をはじめ、口腔内スキャナーを用いて口腔内のデータを採取します。

  •  ③矯正治療計画の立案

    治療計画の立案精密検査で得た情報を基に、専用ソフトを用いたシミュレーションを行い、適切な治療計画をご提案いたします。治療計画や治療期間、費用などに納得いただけましたら、米国のアライン社にマウスピースの製作を依頼します。

  •  ④マウスピース矯正の実施

    マウスピース矯正の開始マウスピース型矯正装置「インビザライン・ファースト (ティーン)」が届きましたら、お口に装着して矯正治療がスタートです。1日20時間以上装着して、2週間毎に新しいマウスピースに交換し、少しずつ歯並びを改善していきます。

  •  ⑤保定処置

    保定期間計画通りに歯並びが改善されましたら、歯の後戻りを防ぐためにリテーナーを装着し、保定処置を行います。歯の位置を固定することで、綺麗な歯並びを長期的に維持することができます。

  •  ⑥定期メンテナンスへと移行

    メンテナンス保定処置が完了後は、定期的にメンテナンスを受け、お口の健康維持に取り組みましょう。歯科検診・クリーニングを習慣にし、虫歯や歯周病などを予防しましょう。

世田谷区三宿にて子供のマウスピース矯正治療をご希望の方へ

子供のマウスピース矯正

のぶ:デンタルクリニック三宿では、お子さまを対象としたマウスピース型矯正装置「インビラインファースト」「インビラインティーン」による快適な小児矯正治療をおすすめしております。お子さまの年齢や口腔内の状況を考慮し、無理のない適切な矯正治療計画をご提案いたします。世田谷区三宿にて子供のマウスピース矯正をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。