削らない虫歯治療

のぶ:デンタルクリニック三宿式 削らない虫歯治療

削らない虫歯治療

のぶ:デンタルクリニック三宿では、できる限り歯を削らない治療(天然歯を残す保存治療)を行なっており、天然歯を傷つけず「多くの歯を残す」ことに重点を置いています。当院の保存治療の治療根拠は次の通りです。

  • ①マイクロスコープ低侵襲治療

    マイクロスコープ低侵襲治療虫歯の組織は色で判別しますが、健康な部分と虫歯の境目の判別が難しいので、削る範囲が分からないこともあります。しかし視野を拡大すれば削り過ぎを回避できます。

  • ②拡大鏡精密治療

    拡大鏡精密治療拡大鏡により肉眼と比べて数倍もの視野で治療できますので、削り過ぎを防止できます。さらに早期発見、早期治療により早い段階から虫歯を処理できるので治療面積の最小化を狙えます。

  • ③近赤外光画像技術で虫歯の早期発見

    近赤外光画像技術による虫歯検査3D光学スキャナーiTeroエレメント5Dは、近赤外光画像技術を搭載しております。この近赤外光画像技術を活用することで、歯の内部構造を可視化することができるため、隣接面や細部の虫歯の早期発見・早期治療によって歯の切削量を軽減が期待できます。

  • ④う蝕検知液の活用

    う蝕検知液の活用う蝕検知液とは、虫歯に感染した歯質にのみ着色する特殊な薬液です。虫歯治療の際はう蝕検知液で虫歯部分を染め出すことで、健康な歯質との境目を目でしっかりと確認することができるため、必要最低限の切削で治療を終えることができます。

  • ⑤ヒールオゾンによる殺菌

    ヒールオゾンによる殺菌オゾンは高い殺菌力を持っています(細菌は塩素の7倍です)。この力を使って、虫歯、また根管の中の殺菌を実施します。副作用はありませんので安心して受けられます。削ることなく殺菌ができ、また再石灰化も促進できます。

  • ⑥ドックスベストセメント

    ドックスベストセメントドッグスベストセメントというのは、ミネラルの力を利用した治療法です。この方法により、全ての虫歯組織を削らないで治療できます。アメリカではこの方法がは一般的で、保存治療として広く利用されています。

  • ⑦レーザーでの虫歯組織除去

    レーザーでの虫歯組織除去健康な歯質を傷つけることなく、虫歯菌だけを蒸散させることができ、殺菌効果の高い歯科用レーザー(エルビウムヤグレーザー)を使って削らない虫歯治療を実現します。

  • ⑧根本治療のすすめ

    ④根本治療のすすめ当院は将来に備えた根本治療を皆様に推奨しています。口腔を適切な状態に長期間保つことで、一生涯の治療回数を減らすことができます。つまり高齢になっても健康な歯質、歯肉を維持することができます。

微痛治療に特化した痛みの少ない虫歯治療

微痛虫歯治療

歯医者を嫌っている方も多いかもしれません。歯医者さんでの治療は痛みが伴う、といったイメージがあるようです。しかしそれも昔のことであり、歯科医療も進化して、現在は痛み感じることのない治療が可能になりました。

当院では痛みを回避する治療を行っており、治療中はできるだけ痛みを排除するよう工夫を凝らしています。そのため現在はたくさんの患者さんから多くの喜びの声をいただいております。「今までの歯医者さんの怖いイメージがなくなった」などの声もたくさんあります。

のぶ:デンタルクリニック三宿式 微痛虫歯治療のための5つのポイント

のぶ:デンタルクリニック三宿では、歯科治療の時に感じる痛みに対し、5つの観点から痛みの緩和対策を行っています。完全なる無痛治療は困難ですが、治療前、治療の際中、また治療終了後に感じる痛みできるだけ抑制する方法を紹介します。

  • ①表面麻酔により注射による痛みを緩和

    表面麻酔歯科治療の中でも怖いのが麻酔注射ではないかでしょうか?しかし当院では、治療前に歯の表面に塗るタイプの麻酔を施しますので、麻酔注射の痛みを軽減することができます。

  • ②針のない麻酔注射で痛みを軽減

    針のない麻酔注射で痛みを軽減針なしジェット注射システム「Injex50」を完備しております。ジェット流によって麻酔液を皮下注射することができるため、注射針の刺激などを感じることなく麻酔注射が可能となります。

※針なしジェット注射システム「Injex50」には注射針はありませんが、麻酔液を噴射する際に刺激を感じる場合がありますので、事前に表面麻酔を実施致します。また、歯を広範囲に削ったり、抜歯をしたりする場合など、強い痛みを伴う可能性が高い場合には、表面麻酔・Injex50での麻酔に加え、通常の麻酔注射も実施致します。

通常の麻酔注射の際は、表面麻酔・Injex50による麻酔が効いていますので、ほとんど痛みを伴うことはありません。さらに、下記の③④の対策もしっかりと行っておりますので、どうぞご安心ください。

  • ③超極細(33G)の麻酔針

    超極細(33G)の麻酔針麻酔注射の痛みは使用する注射針のサイズも大きく関係します。そのため当院では、歯科麻酔針の中でも極小の「33ゲージ」針を使用し、麻酔注射に伴う痛みを最小限に抑えます。

  • ④麻酔の打ち方

    麻酔法麻酔は打ち方が大切です。単に麻酔を打つのでは痛みが増えます。当院では針を刺すのではなく、針に粘膜を持っていく感じで行います。これによって痛みを減少できます。

  • ⑤マイクロスコープ低侵襲治療

    マイクロスコープによる低侵襲治療マイクロスコープは現在歯科医院の中で、5%程度しか導入されていませが、マイクロスコープ使用により削る面積を減少させられます。痛みは治療面積に比例しますので低侵襲であれば微痛治療に近づきます。

抜かない虫歯治療 最後の砦「精密・根管治療(歯の神経の治療)」

根管治療(根っこ・神経の治療)

歯の中には多くの神経、血管が存在しており、その通り道が根管です。虫歯が進むと虫歯菌が歯を溶かして、そのうち根管に届きます。その状態になると根管治療が必要です。根管治療は根管の中をきれいにして(根管内の無菌化)、虫歯の再発や悪化を防ぐ大切な治療です。

この根管治療の精度は歯科医院によって大きく差があり、その再発率は40%~80%とも言われます。当院ではラバーダム、マイクロスコープ、MTM等を駆使し、最高レベルの根管治療を受診することができます。根管治療について詳しくは根管治療(歯の神経治療)ページをご覧ください。

世田谷区三宿でのむし歯治療は、のぶ:デンタルクリニック三宿へ

世田谷区三宿でむし歯の治療ならのぶ:デンタルクリニック三宿

このようにのぶ:デンタルクリニック三宿では、痛みを感じない虫歯治療、さらに自然歯の削り過ぎを抑制し、可能な限り保護できます。世田谷区三宿で痛みが少ない、削らない・抜かないむし歯治療をご検討の方は、ぜひ当院までご連絡ください。