痛み軽減 麻酔

投稿日:2018年7月31日

カテゴリ:未分類

歯が痛くても、歯医者さんで行う治療が怖いので行く勇気が出ないという方はいませんか?歯に痛みを感じたら歯医者に行くのが有効ですが、治療中の痛みが気になり、不安を抱える方は多いと思います。

そこで、できるだけ痛みのない治療法を紹介していきます。

最近では、痛みを軽減できる治療法が多くあります。のぶデンタルクリニックで行っている方法を紹介していきます。昔は虫歯の部分を削って治療治療するのが普通でした。しかし医療が発展をして削らず治せる治療法もできました。

そのメリットは、虫歯ではない健康な歯の部分を多く残すことによってその歯の寿命を延ばすことができます。

⚫︎麻酔

『表面麻酔』

塗り薬です。歯茎の表面に塗るでけで、歯茎の感覚が麻痺してきます。麻酔の針を刺すときの痛みを軽減させることができます。

『浸潤麻酔』

痛みのある部分の直接注射していきます。昔は針も太くとても痛みがありましたが、最近の針はとても細くなりました。表面麻酔と併用するとあまり痛みを感じなくなります。さらに麻酔薬を人肌ぐらいに温めることでさらに軽減させることが可能です。

また麻酔薬を注入するときに一定の速度で注入することで痛みが軽減されます。

他にはドックスベストセメントやオゾン療法があります。ブログで紹介してるので覗いてみてください!!