抜歯が必要な歯並び、噛み合わせの状態とは

投稿日:2022年1月11日

カテゴリ:スタッフブログ

歯並びがガタガタで歯と歯が重なってしまっている歯は歯磨きがしきれず虫歯になってしまう事が多く、その歯がある事により他の歯まで虫歯や歯周病になってしまう場合があります。

酷くなってしまった虫歯を残したままにしておくと周りの歯に影響が出てしまう為、抜かざるを得なくなってしまいます。

歯並びだけでなく、噛み合わせにも悪影響を与えてしまう歯も同様に抜歯をする必要があります。

重なって生えてしまい、ご自分で歯磨きすることが出来ない場合はこまめに歯科でクリーニングを行うか、矯正をして歯並びを治していくことを強くおススメします。

また、歯科矯正では、きれいな歯並びにする為のスペースを作る為に虫歯ではない歯ですが便宜的に抜歯をしてスペースを確保してから矯正装置を付けていきます。

当院は矯正の為の抜歯は基本いたしません。

非抜歯矯正を行なっていますが、虫歯や歯周病の症状が酷くなってしまった歯は、残しておく事で他の歯に悪影響を与え兼ねないので処置困難な歯に関しましては抜歯をしてから歯並びや被せ物の治療をしていきます。

歯並び、噛み合わせが悪い為に虫歯になってしまう前に、また虫歯になってしまっても初期の段階で歯科に相談していただく事をおすすめいたします。

歯並びや、抜歯が必要かなどでお困りの方はお気軽にご相談ください。