無痛治療

痛みを感じにくい治療を行います。~歯科を敬遠している方へ~

無痛治療

当院では、歯医者さんを敬遠している方たちにお越しいただきたいと思っています。歯医者さんを敬遠している方たちの理由の多くは、「痛み」、「恐怖感」のどちらかではないでしょうか?

のぶ:デンタルクリニックは、歯医者さんを敬遠している方たちに対して、「無痛治療」を行っており、痛みが気になる方たちから評判です。ここでは「なぜ痛みがないのか?」を説明します。痛みの少ない歯医者者さんを探している方に朗報です。

のぶ:デンタルクリニック式 8つの無痛治療

無痛治療

のぶ:デンタルクリニックでは、歯科治療で感じる痛みを、8つの観点より治療を行っています。完全に痛みを排除することはできませんが、治療の前、治療際中、また治療の後の痛みをできるだけ抑える方法を紹介します。

  • ①表面麻酔の使用

    表面麻酔歯医者さんが最も恐怖感が覚えるのは、注射ではないかと思います。針を使って治療しますので痛みも出てきます。しかし当院では初めに歯肉に麻酔を塗り、表面麻痺の状態で注射を使用しますので痛みを排除できます。

  • ②超極細(33G)の麻酔針の活用

    超極細(33G)の麻酔針表面麻酔で歯肉が麻痺した後に注射を使いますが、仮に麻痺をしていても大きい針であればやはり痛みはあります。しかし当院では現在歯科麻酔針で使われている中で最も細い針、「33ゲージ」といった超極細針を使用しますので痛みも和らぎます。

  • ③痛みを抑える麻酔法

    こだわりの麻酔法麻酔を打つ方法はとても重要です。歯肉に圧力をかけると痛みが出ますので、まず針に粘膜を持っていくようにします。ちょっとしたことですが、この方法で痛みも軽減されます。

  • ④拡大鏡&マイクロスコープ低侵襲治療

    拡大鏡、顕微鏡拡大鏡やマイクロスコープなどの拡大装置を用いることで、歯を削る面積を大きく減らすことができます。
    痛みは歯の治療面積に比例しますので、低侵襲治療は無痛治療に繋がります。

  • ⑤レーザーによる非切削治療

    レーザーによる削らない治療レーザー治療は、軟組織の切除、切開、また虫歯治療など、色々なところで活躍しています。レーザーであれば痛みは減り。また削る際の音もありませんのでおすすめです。

  • ⑥ドッグスベストセメントの活用

    ドッグスベストセメントドッグスベストセメントというのは、ミネラルの力を借りて虫歯菌を殺菌する治療です。この場合、虫歯菌の全てを削らなくて済みます。現在アメリカでは多くのところで用いられています。

  • ⑦ヒールオゾン治療

    ⑦ヒールオゾン治療これはオゾンが持つ高い殺菌力(細菌に対しては塩素の7倍)を利用して、虫歯、及び根管の中を無菌化します。歯を削らない無痛治療が可能です。

  • ⑧予防歯科を推奨

    ⑧予防歯科健康な歯、健康な歯肉を維持できていれば、そもそも痛みを感じることはありません。健全な口腔状態を維持するためにも予防歯科の受診を推奨しています。

世田谷で痛くない歯医者をお探しの方は当院までご相談下さい

痛くない歯医者ならのぶ:デンタルクリニック三宿

のぶ:デンタルクリニック三宿では、痛みを感じることのない歯科無痛治療が可能です。歯医者さんを敬遠している方の中には、「こんなに痛みがないのなら、もっと早く受診すれば良かった」などの喜びの声を多数いただいています。皆様も安心してお越しください。なお早期に治療することで無痛治療の効果も高くなりますので、できる限り早めに受診することをおすすめです。世田谷で痛くない歯医者をお探しの方はぜひ当院までご相談下さい。