小児の矯正の時期

投稿日:2019年5月31日

カテゴリ:噛み合わせ

こんにちは、今回は小児矯正をはじめる時期についてお伝えします!

子供の矯正をする場合、いつからはじめるか分からないかたが多く見受けられます。

小児矯正は、6歳〜8歳の間に歯科医院へ診療する事をお勧めします。

人は生まれてから3〜6歳まで顔の発育が活発になり、その後、10歳前後まで徐々に変化し、20歳前には顔や顎の成長がおさまります。

小学生に入りたての子供は、乳歯と永久歯の生え始めの時期の子が多く、その時期にがたついた歯並びをそのままにしておくと、歯列が悪くなってしまう可能性が高くなります。

小さい頃から、前歯を使ってしっかり噛む(前歯に刺激を与える)・口を意識して閉じる(舌が上顎につくように)・悪い習慣を見つけ改善する(悪い姿勢や癖など)を意識する事が正しく顎を成長させるポイントです。しかし、このポイントをしっかり押さえられているお子様は少ないと言われています。

矯正治療は、長期的な目線で最適な時期に始めることが大切です!

本人の意思とご家族のご理解とご協力が必要となります!!

お子様の歯並びや噛み合わせに関して不安な事や分からない事があれば当院にご相談下さい。