小児矯正での痛みについて

投稿日:2019年6月6日

カテゴリ:小児矯正

歯並びを矯正するにあたってワイヤーなど特殊な装置をつけて歯を動かしていきます。そこで、気になるのは痛みではないかと思います。歯が動くという事は、かなりの痛みがありそうな感じがします。しかし、どの程度の痛みがあるのかというのは、使用する装置にもよって異なりますが、矯正中に感じる痛みについては、子供が我慢できる程度の痛みなのか気になってる親御さんは主な矯正装置ごとの性質を理解しておいたほうが良いと思います。お子さんの歯に関してわからないことや、不安なことがあれば是非当院までご相談ください。

歯が動くときの痛み

矯正装置を付けると歯を動かす力が働くので、どうしても痛みが生じてしまいます。しかし矯正装置をつけている間、ずっと痛みが出るわけではありません。硬いものを噛んだ時など一時的に痛みを感じることが多いでしょう。しかし、歯が動いている時には食べ物を噛んだ時に出る痛み以外にも触れると痛い、締め付けられるように痛いと感じるのが主な痛みでしょう。このように痛みがある時にはやわらかいものを食べさせるなど工夫が必要です。痛み止めを飲むのも可能ですが、痛み止めが必要なほど痛いという子供は、ほとんどいません。