歯周病の初期症状について

投稿日:2019年8月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

今回は歯周病の初期症状についてのお話をしたいと思います。

皆さんは、自分の口の中の状態は把握できていますか?

定期的に歯科医院に通っている方は、把握しやすいですが、何ヶ月も歯科医院へ行っていない方は、自分の口の中の状態を把握するのは難しいです。

これからご紹介する症状が出ている方がいらっしゃったらら、ぜひ、歯科医院で検査をしてもらいましょう!

①ブラッシングの時に歯茎からの出血がある

歯周炎の可能性があります。炎症が歯茎だけにとどまっている状態です。

②歯が浮いた感じがする

菌によって、骨が溶けてしまっている可能性があります。この症状を放置してしまうと、歯が抜け落ちたり、抜歯をしなければならなくなります。

③硬いものを食べた時に痛みが生じる

お口の中で菌により、毒素が歯茎の中の骨まで広がり、炎症が歯の土台の骨まで広がってしまっている状態です。硬いものを噛むと違和感や、痛みが生じます。

④歯茎が腫れて赤い歯

健康な歯茎は引き締まりある歯茎でピンク色になってます。

⑤寝起きの口の中がネバネバする

 唾液が分泌される量が減ってしまう事により、お口の中の菌が活発になります。歯周病になりやすい環境ができてしまいます。

以上の様な症状が当てはまる場合は、歯周病になりかけている可能性があります。

歯周病は、知らないうちに進行していく恐ろしい病気です。しっかりと予防する事がとても大切です。また、初期の症状がでていても、治療で原因菌を減らす事もできます。

当院では原因菌の除去率が高い、最新の歯周病治療の「歯周病内科治療」を行なっております!

気になる方がいらっしゃいましたら、当院までお問い合わせ下さい!!