初期歯周病の治療方法

投稿日:2019年9月4日

カテゴリ:未分類

こんにちは。

今回は初期歯周病の治療方法についてお話します。

歯周病(歯周炎)は、お口の中の歯周病菌が原因の感染症のこと。

体調がいい時は何の問題もありませんが、疲労やストレスで免疫力が低下すると、歯周病菌が活発に動き出し、歯の周りの組織が炎症を起こしていまいます。

これが初期の段階で歯肉炎といい、症状のサインは、『歯茎からの出血』 『口臭』 『朝起きた時の口の粘着き』です。

歯周病菌は、歯と歯茎の隙間の歯周ポッケットに潜んでいるので、正しいブラッシング方法でお口の清掃を心がけるだけで、悪化を防ぐことができます。

 

治療の王道は、お口の清掃

歯周病はお口周りの病気の中で唯一、自分で治療ができる病気です。治療とは1日3回食事ごとのお口の清掃。

治療というからには、自己流の歯磨きではなく歯周病撃退に適したブラッシング方法で行うことが大事です。

歯ブラシを垂直に立てて歯に当てて歯と歯茎の境目に沿って小刻みに動かしながら、1本1本の歯の歯周ポケットを毛先で掻き出すつもりでブラッシングします。

歯ブラシを立てにくい奥歯は、斜めでもかまいません。

ブラッシングの自信のない方、確認したい方当院にお問い合わせください。