歯周病治療の痛みについて

投稿日:2019年9月11日

カテゴリ:歯周病

歯周病になる原因のひとつは、

毎日の磨き残しから溜まってしまったプラークや歯石です。

毎日の歯磨きが大切なのは当然ですが、

それだけでは落としきれない汚れがあります。

ですので、汚れをプロの手で除去する必要があります。

 

健康な歯茎の場合には起こりにくいことですが、

歯周病などのトラブルを抱えている場合、

クリーニングの際に痛みを感じたり

出血することなどがまれにあります。

歯周の深いところの歯石をとる場合は

麻酔を使用し痛みがないようにしていく場合もあります。

 

PMTC(自費のクリーニング)では、

歯石を取り、その後はさらに歯石などがつきにくいように

ツルツルに磨き上げ、最後にフッ素を塗布します。

歯周病や虫歯の予防、改善にアプローチしていくメニューです。

 

また、当院ではぺリオバスターコースという

歯周病治療もご用意しています。

はじめに口腔内に歯周病を引き起こす菌が

どのくらいいるのか検査を行い、

結果をふまえた上でその方に合った薬を処方したり、

クリーニングを行っていきます。

短期的に治療を行うことで、患者様が抱えているお口の不快感を

取り除くサポートをさせて頂きます!

 

プラークを放置し、歯石に変わってしまうと、

セルフケアが難しくなってしまいます。

また、常にプラークコントロールによって清潔にしておけば、

歯垢や歯石の量も少ない状態を維持することができ、

虫歯や歯周病の予防にもつながり、日ごろの歯磨きがずっと楽になります!

 

正しい歯ブラシの当て方や、患者様にあったケア用品の提案も致します!

まずはお気軽にご相談ください。