重度の虫歯治療

投稿日:2019年11月19日

カテゴリ:未分類

こんにちは!のぶデンタルクリニック三宿です!

もう夜は冷え込みますね!皆さん体調にはお気をつけて下さい。

 

さて、今日は重度の虫歯のお話です。

虫歯には進行度によって治療方法が違ってきます。

進行度の浅い順番に C0→C1→C2→C3→C4 と表します。

 

C3とC4の虫歯の説明します。

 

C3とは神経に到達したもしくは到達しそうな虫歯のことです。症状としては、熱いものがしみる、何もしなくても激しい痛みがある。夜眠れなかったり、痛み止めが効かない等のことがあります。

痛みが出るということは、もうこれ以上放置すると危険という体からのシグナルです。虫歯で痛みを感じる段階も危険度が高い状態で、かなり症状(虫歯)が進行している状態です。

ここまで進行している状態だと神経を残すのが難しくなり、神経を抜くという治療法になる可能性が高いです。

 

C4は激しい痛みがしばらく続いた後その虫歯を放置していた場合、やがて痛みを感じなくなります。それはどういう状態かというと、歯の神経が壊死してしまい痛みを感じなくなった状態です。

この状態をさらに放置してしまうと根っこの先に膿がたまりさらに激しい痛み、強烈な痛みになります。

ここまでくると治療の際に麻酔が効きにくくなり治療も辛いことになります。さらに歯を残すという歯の保存治療が難しくなり抜歯しか選択肢がなくなることもありうります。

 

もっと早い段階で歯医者さんで見てもらいましょう!

 

 

 

■ 他の記事を読む■