マウスピース矯正のメリットデメリット

投稿日:2020年7月24日

カテゴリ:矯正

マウスピース矯正のメリットとデメリット

 
今回は最近流行りのマウスピース矯正についてお話ししていこうと思います。
 
 
✔︎マウスピース矯正とは
 
その名の通り、マウスピースのような透明な装置を付けて歯を理想的な並びに矯正していくことです。
 
✔︎マウスピース矯正のメリット
 
マウスピース矯正の一番の強みは従来のワイヤー矯正よりも圧倒的に見た目が良いということです。一瞬見ただけでは装置を付けていると気づかないほどです。
 取り外しができるのもマウスピース矯正の大きなメリットでしょう。ワイヤー矯正の場合は食事する際も物が挟まったりするリスクを伴います。そのような意味でも虫歯や歯周病のリスクは少なくなると考えられます。お口の中の突起なども基本的にはない為、大きな違和感や口内炎の発生も少ないです。
 また、ワイヤー矯正の場合ブラケットが取れるなどのケースがありますが、基本的にマウスピース矯正の場合は歯と歯茎を覆い隠す密着度の高い装置のため脱落するケースは殆どありません。
 
 
•目立たない
•取り外し可能
•口内を清潔に保てる
•基本的に装置が脱落したりはしない
 
 
 
✔︎マウスピース矯正のデメリット
 
 デメリットとしては装着時間が20時間以上(食事以外の時間)はしっかりと着用しないとしっかりと歯が動きません。自己管理が必要な矯正になります。また、インビザラインの場合は1枚のマウスピースで0.25mm動くようになっています。
 外してしまえば飲食の制限はありませんが、装着中は砂糖が含まれているジュースなどは控えなければなりません。マウスピースをしたままですと汚れが停滞してしまうからです。食事後の歯磨きも必須です。
 また、最近はほとんどのケースに対応できるようにはなっていますが、極度の出歯や受け口などはマウスピース矯正に向いてない場合があります。その場合はワイヤー矯正や拡大床等となるでしょう。担当の医師と相談の上決める必要があります。
 
•装着時間が長い
•装着時は飲食の制限がある
•ケースによってはマウスピースで対応できない場合もある
 
 
このように様々なメリットやデメリットがあります。
矯正時の痛みについては個人差ありますが、あまり大きな違いはないようです。
マウスピース矯正は目立たないという点で圧倒的なメリットなのではないかと思います。
 
このようにフォーカスして写真を撮ってもあまり目立たないのがわかります。
 
 
 
 
https://www.nobudental.com/menu/ortho/#inv