抜歯即時負荷法について

投稿日:2021年2月3日

カテゴリ:インプラント

インプラントの手術の方法の1つに、抜歯即時負荷法というものがあります。

これは字の如く、抜歯をし、その抜歯下を利用して同時にインプラントを埋入、仮歯まで入る手術のことです。(状況により入らないこともあります)手術が1回で済み、通常の 抜歯→骨の治癒を待つことがないため治療期間を短縮することができます。

また、抜歯下にインプラントを埋入することで、歯茎を切開することがあまりないのもメリットの1つです。そのため、抜糸を行いません(歯肉移植などを同時に行った場合は縫うこともございます)

 

それだけ聞くと、どの歯も抜歯即時負荷法でインプラント手術をした方が良いように思われるかもしれません。この抜歯即時負荷法に関しては、ドクターの高度なテクニックと豊富な経験が必要です。

抜いた穴を利用してインプラントを入れるわけですから、インプラント周りには増骨が必要です。増骨したとしても多少なりとの骨吸収を予測して、通常より少し深めにインプラントを埋入しなければなりません。

抜歯の処置に関しても、周りの骨(歯槽骨)を傷つけないように慎重に行う必要がありますし、膿などは綺麗に掻き出さなければなりません。

 

インプラントの経験を豊富に積んでいる歯科医師でないと、そこまで考慮して手術を行えないため残念な結果につながってしまうこともあるのです。

のぶ:デンタルクリニック三宿のドクターはインプラントの専門医です。安心してお任せいただいて大丈夫です。

抜歯即時負荷法以外の手術方法もございますので、最適な方法をご提案させていただきます。インプラントをお考えの方は、是非ご相談ください!