根管治療の再発率について

投稿日:2021年8月16日

カテゴリ:未分類

どうして再発するの?

神経を取った歯なのにまた痛みがでてきた。以前に根の治療を行った歯が腫れてきた。

という経験をされた方もたくさんいるかと思います。

歯科医院に行くと「根の先に膿がたまっていますね」と言われた。

神経を取る治療を受けた後で、なぜそのようなことが起きるのでしょう。

 これは根の治療が非常に難しい治療であることが関係しています。

 

1 見えない細菌との闘い

 痛みの原因は、細菌の感染による炎症です。根の中で繁殖した細菌は、根の先まで進み、根の先に膿が

たまります。膿は周囲の骨を溶かすためX線で根の先が黒く写って見えます。

 しかし、治療中に細菌を目で見て治療できるわけではなく、目で見えない相手だからこそ、

治療中は細菌を新たに入り込ませない環境づくりが重要であり、その上で徹底的に細菌を取り除くことが治

療に繋がります。

 

2 根の形が複雑

 わずか1センチ程度の根の中で、神経の菅は複雑に走行しています。

幅が細く狭くなっていたり、大きく曲がっていることも多く、その中をすべて清掃・消毒することは

不可なのでです。

 

3手探りでの治療

神経の管は細いものでは直径0.1mm以下。

太いもので、これまでの根の中の状態がどうなっているのかを直接、目で見ることはできませんでした。

実は長年、根の治療において、綺麗になっているかの判断は、医師の指の感覚に頼る部分が

おおきかったのです。

しかし、当院ではマイクロスコープ導入で精密度がましております。

ぜひ、当院にご相談下さい。

■ 他の記事を読む■