マイクロスコープ精密治療

肉眼の40倍に拡大した「精密治療」対応!

マイクロスコープ精密治療

マイクロスコープであれば、肉眼と比べて視野が40倍拡大できますので、精密な治が実現されます。のぶ:デンタルクリニック三宿では、歯科専用のマイクロスコープを用いて精密治療を行っています。マイクロスコープを用いることで、「正確な治療」、「美しさ」、「治療効果の継続化」が期待できます。「精密な治療をしてもらいたい!」という方は、ぜひ一度、のぶ:デンタルクリニック三宿までご連絡ください。

歯科マイクロスコープとは?

歯科マイクロスコープ歯科マイクロスコープは歯科用顕微鏡であり、肉眼より40倍程度の視野を拡大されます。

人の口の中はとても暗くて狭く、とても小さな組織で構成されています。そのため、肉眼での治療には限界があり、高精度を維持した治療はできません。

そのような時にマイクロスコープがあれば、患部を拡大することができますので様々な状態を確認できます。
歯面のヒビ、歯の色の変化、また歯の形状などをしっかり把握できます。歯科マイクロスコープは、歯科医療の中で注目された最新機器です。

歯科マイクロスコープにおける視野

歯科マイクロスコープによる視野

歯科医療業界において、「見える」、「見にくい」の差はとても重要なことです。これらの差があると、将来患者さんお口の中にも様々な影響を与えることもあります。

You can only treat what you can see.
(見えるものしか治療できない)

これは歯根治療(歯内療法)の最先端の教育機関として知られている、ペンシルバニア大学歯内療法学科のSyngcuk KIM教授の言葉です。当院では肉眼では難しい歯科診療でも、歯科マイクロスコープ(歯科顕微鏡)を用いて精密な治療を行っています。

sample

マイクロスコープでの低侵襲治療

  • 「歯を削る」を最小限に

    削らないマイクロスコープ治療マイクロスコープ治療を行うと、正常な組織と虫歯組織との境目が分かりやすくなりますので、削る部分を最小限に抑えることができます。

  • 「歯を抜く」を最小限に

    抜かないためのマイクロスコープ治療根管治療ではマイクロスコープ精密治療の効果が発揮されます。マイクロスコープ治療によって根管治療の精度が増すことで抜歯や再発リスクを軽減できます。

歯科マイクロスコープを使用するメリットまとめ

  • 歯を削る量を最小限にできます
  • それにより、自然歯を長い間維持することができ、抜歯予防になります
  • 歯の形を適合段階で、0.1ミリ単位(マイクロ単位)で調整できます
  • 着色、グラデーションなどを正確に把握できます
  • 詰め物、被せ物の適合性、長持ち度が増え、適合力も向上されます
  • 小さな虫歯(その他の病巣など)を発見しやすくなります
  • 歯と歯茎の間をしっかりチェックできます

マイクロスコープを使用している歯科医院は、全体の5%以下

マイクロスコープを使用している歯科医院

日本の歯科医院の数はおよそ7万軒あり、その数はコンビニの2倍以上にもなります。こんなにも多くの歯科医院がありますが、その中で歯科用マイクロスコープを用いている歯科医院は、わずか5%以下です。
20歯科医院で1医院以下という数が現状です。

歯科激戦区である東京都世田谷三宿においても、マイクロスコープ治療を行っている歯科医院はそう多くありません。しかし最近は、マイクロスコープ治療を望む患者さんが当院でも増えてきました。患者さんの歯に対する意識が変化しているようです。とても嬉しいことです。

「精密な治療をしてもらいたい」という方はぜひ一度ご連絡下さい

のぶデンタルクリニック三宿のマイクロスコープ治療

のぶ:デンタルクリニック三宿では、歯科マイクロスコープを使った精密治療を実施しています。歯科医師、患者さん双方が「精密治療をしてもらいたい」と願っているはずです。マイクロスコープによる治療が、皆様方の将来の歯にも大きな影響をもたらす可能性があります。世田谷区三宿でマイクロスコープ精密治療をご検討の方は、ぜひ一度、のぶ:デンタルクリニック三宿にご相談ください。