親知らず抜歯が必要な症状

投稿日:2019年7月19日

カテゴリ:未分類

こんにちは。今回は親知らず抜歯が必要な症状についてお話しします。

まず一つ目は、親知らずの生え方別で起こるトラブルです。

親知らずが斜めや横に向かって生えていると、一部分だけが口腔内に露出する事があります。トラブルが一番起こりやすいです。なぜなら歯ブラシが届かない、しにくいからです。隣の鳩に隙間に汚れや歯垢や食べかすが溜まって、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります。

二つ目は、完全に埋まっている親知らずです。

親知らずが骨に横向きに形成され、完全に埋まっているものです。このタイプの親知らずは口腔内に露出していないため、虫歯や歯周病の原因にんることはないですが、稀に骨の中に嚢胞という袋状の空洞を作り、それが骨を圧迫したり溶かしたりすることもあるのです。そこから、全身疾患に発展するケースもあるため、親知らずの適切なケアが大事だと思います。