矯正治療後の保定について

投稿日:2019年12月4日

カテゴリ:噛み合わせ 小児矯正 矯正

長い時間をかけて歯の並びを矯正しきれいな歯並びになった時の喜びはとても大きいと思います。ですが、忘れてはいけないのは保定装置・リテーナー。矯正器具が外れた後には必ず必要なのです。

なぜ矯正が終わったというのにまたリテーナーをつけなければいけないのでしょうか。

1番の理由は後戻りを防止するためです。矯正の治療が終わったばかりの時期はまだ安定していないためにきれいに並べた歯が動いてしまう可能性があります。何もしていない天然歯でも動くので、力を加えて動かした歯は、より動きやすいのです。リテーナーをつける事で並べ終わった位置を維持し、動きやすい状況が落ち着くまで付け続けることが重要です。

また、リテーナー自体で矯正を行っている場合もあります。

最後の微調整等を担って動かすこともありますし、並びはきれいに整ってもきちんと噛み切れる噛み合わせになっているのか様子を見ながらリテーナーで調整を行う場合もあります。また、多少動いてしまったとしてもリテーナーの装着で元に戻す事もできます。

リテーナーの装着期間は人それぞれですが、だいたいの方は2年くらいを目安に装着します。早い方では1年、長い方だと3年近くの期間を要す事もあります。基本的には矯正していた期間と同じ位と考えてよいかと思います。

初めのうちは食事以外の時間は常に装着します。安定してくると、徐々に時間は短くなり、就寝時のみや2〜3日に1度と頻度を減らしていくのですが、個人の判断でなく歯医者の指示に従って減らしていって下さい。

リテーナーの時期が矯正の山場ともいえる重要な時期です。良い歯並びを一生のものにできるよう重要な

■ 他の記事を読む■