インプラント治療の期間

投稿日:2020年1月29日

カテゴリ:インプラント

インプラントの治療に必要な期間についてですが、数ヶ月かかります。

まず、骨の状態にもよりますがCTや各種検査に問題なく、もともと欠損している所にインプラントを埋入する場合。

インプラント体(チタン製の人工歯根)を埋入後、5、6ヶ月置きインプラント体と骨が定着するのを待ちます。

待っている期間に注意事項等守って頂き(禁酒、禁煙もしくは量を減らす等)、治りにも問題無い状態の方は5、6ヶ月して、骨が定着したのを確認し上部の被せ物の型を取ります。

1、2週間後に上部の被せ物が出来上がってきて、問題無ければセットしインプラント治療は終了となります。

ただし、上部をセットしたからもう病院に通わなくていい!って事はありません。当院ではインプラント治療を受けられる方全員に10年保証に入って頂きます。(無料)保証が使える条件として、少なくとも1年に1回、もしくは半年に1回定期的な検診が必要です。定期的に通って頂き検診を受けて頂ければ、ほぼ一生物のインプラントと言っても過言ではないと思います。定期検診を面倒と思い受けずにいると数年でダメにしてしまいます。ダメにし、もう一度一から全額かかってしまいます。インプラント治療を受けた方は是非定期的な検診をオススメいたします。

ご不明点こざいましたらお気軽にお問い合わせ下さい。