銀歯の寿命について

投稿日:2021年5月3日

カテゴリ:未分類

今回は銀歯の寿命についてお話したいと思います。

 

銀歯は保険適応の素材で、その耐用年数は平均して5~7年と言われています。

 

耐用年数には個人差がありますが、銀歯による治療は虫歯が再発することが非常に多いです。いつの間にか銀歯の下に虫歯が出来ていて気付いた時には取り返しのつかなくなっていたなんてこともあります。

 

なぜこんなことになるのでしょう?

 

そもそも銀歯とは、金と銀とパラジウムの合金で出来ていて日本にしかない素材です。

安くて加工しやすいことで生まれましたが、近年は銀歯による悪影響が注目されています。

金属アレルギーを引き起こす・虫歯になりやすい・歯周病が悪化しやすい・・・・・・など

 

これは日本の歯科の保険制度に深く関係しており、保険制度内で受けられる治療とは生活していく上での最低限度の治療を目的としているため、もともと歯を長く持たせることが考えられていない制度だからなのです。

 

できる限り自分の歯を長く持たせたい!!

そんな方はぜひ当院にご相談ください。

https://www.nobudental.com/menu/cosmetic/