気道の確保。

投稿日:2021年7月1日

カテゴリ:子育て歯医者の子供の矯正ブログ

皆さんのお子様は、よく眠れているでしょうか?

朝、パッと目覚めて 元気に1日を過ごしているお子様が 誰にとっても理想の姿かと思います。

ところが、周りを見渡すと、お口がポカンとあいていて、鼻炎でお鼻がグズグズ・・、目の下にクマがありいつも眠そうだ なんて いう子供が増えてきています。

しかも夜はイビキをよくかいたり、歯ぎしりや寝返りがヒドくて、朝なかなか起きれない なんてお子様もいると思います。

イビキをかく経路は2カ所あり、上顎の後方(上咽頭部)と下顎の後方(下咽頭部)にあります。 上顎の前方への成長が足らず、後方部が狭くなっていると、空気の通り道も狭くなりイビキをかきます。上顎の前方への成長が足らないと、下顎も前に出れませんから、下顎の後方の空気の通り道も狭くなり、イビキをかきます。

顎顔面口腔育成治療(RAMPA治療)は、気道にアプローチできますので、治療前と治療後を比較すると一目瞭然 上下顎後方の気道の通り道が、広がった事が分かります。

イビキも改善され、よく眠れて、頭すっきりの状態で、健康にすごせます。

年齢:10歳、性別:女性、治療説明:RAMPAによる顎顔面口腔育成治療、想定されるリスク:治療期間の延長・装置による口内環境の変化、治療期間:約2年、治療回数:月2回で約2年、治療費:130万円+消費税・調整料5500円/月