ガミースマイル

投稿日:2021年7月10日

カテゴリ:子育て歯医者の子供の矯正ブログ

笑うと上顎の歯茎が見えてしまう、いわゆる ガミースマイル 。

大人になると、上唇を上げる筋肉に 筋肉の動きを制限する ボツリヌストキシンを打ったりして、上唇が上がらなくなるようにして対応したりする事もありますが、そもそもは、上唇の上がり過ぎではなく、上顎骨が下に成長して、落っこちてきているから 普通に笑うと歯茎が見えてしまう というのが 正しい見方です。

成長期を過ぎて、成人して成長発育がある程度終了している場合には、ガミースマイルの骨格の改善には、上顎骨を切除するという手術が必要になる事もありますが、成長発育途中の子供であれば、上顎骨を正しい方向へ導く事で、ガミースマイルは改善します。

年齢:11歳、性別:男性、治療説明:RAMPAによる顎顔面口腔育成治療、想定されるリスク:治療期間の延長・装置による口内環境の変化、治療期間:約3年、治療回数:月2回で約3年、治療費:143万円 月の調整料 5500円